MDMやVPPを活用してモバイルデバイス端末を管理しよう

Posted on 木曜日, 3月 7, 2019 in 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、業務の効率アップには欠かせないツールとなっています。
便利な反面、きちんとした管理をしておかなければ、情報流出などのリスクも伴っているため、企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する際にはMDMなどの管理ツールを利用して管理をするべきです。
またMDMの他、VPPなどの便利なプログラムもあります。VPPではApple社が提供するプログラムであり、App Storeのアプリケーションを一括購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで企業や学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することができるのです。アプリケーションの配布や設定などは非常に面倒であり、管理者側が全てを負担するのは大変です。
そこでVPPを利用することで、効率的に大量のモバイルデバイス端末にアプリの配布が可能になります。

Leave a Comment

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict