法人向けセキュリティ対策情報ブログ MyモバイルDash http://www.mymobiledash.com Fri, 26 Apr 2019 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 mdm導入事例でのデータ保護 http://www.mymobiledash.com/2019/04/27/report-20190427/ http://www.mymobiledash.com/2019/04/27/report-20190427/#comments Fri, 26 Apr 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/04/27/report-20190427/ mdm製品の導入を決める企業は非常に多いです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも活用するために企業として従業員に会社用のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する段階で、mdmに導入する事例は増えています。
mdm製品の導入が決まると、導入する時にはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のデータ保護、モバイルシステム自体のほご、スマートフォンやタブレットと企業ネットワーク間における転送中データやセッションのセキュリティ保護などを検討する必要があります。まずmdm導入事例において最も利用目的として多いのがデータの保護です。モバイルデバイス端末のデータセキュリティを確保することがmdm製品導入の中では最も大きな理由の1つ。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が実際には大容量ストレージ、大量のメモリを搭載した小さいパソコンになるため、企業内で使用する際にはそれらの端末に保存されている企業レベルのデータを保護する必要があります。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/04/27/report-20190427/feed/ 0
androidの端末管理に欠かせないmdm http://www.mymobiledash.com/2019/04/07/report-20190407/ http://www.mymobiledash.com/2019/04/07/report-20190407/#comments Sat, 06 Apr 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/04/07/report-20190407/ mdmサービスは、androidやiOSなどのスマートフォンやタブレット端末の端末管理を行うソリューションになります。mdmを用いて端末管理をおこなうことで、一括管理がスムーズに行えるだけではなく、セキュリティ対策や資産管理、アプリケーション管理など様々な管理機能を利用することができます。
モバイルデバイス端末は便利な反面、携帯性に優れていることから紛失、盗難による情報流出の危険性も高いです。それらのリスクを最小限に抑えるための安全管理ツールがmdmソリューションなのです。
ただしmdmのサービスを行うプロバイダーやソリューションベンダーのサービスや製品固有の機能によって、すべてを期待できるものではありません。また導入するモバイルデバイス端末の機種特性やネットワークの接続環境などによって、利用できるセキュリティコントロールの機能は異なります。それぞれの運用において、企業のセキュリティポリシーとmdm運用管理の要件を結びつける必要があるでしょう。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/04/07/report-20190407/feed/ 0
シャドーbyod事例の現状 http://www.mymobiledash.com/2019/03/27/report-20190327/ http://www.mymobiledash.com/2019/03/27/report-20190327/#comments Tue, 26 Mar 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/03/27/report-20190327/ 近年、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を普及に伴い、ほとんどの人がモバイルデバイス端末を保持している現状です。
そのため従業員が私物のモバイルデバイス端末を業務でも利用するbyodを導入していない企業においても、従業員による勝手にbyod、つまりシャドーITと呼ばれる状況が増加しています。
従業員はbyodが禁止されている状況においても、普段使っているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末でメールやスケージュールなど業務に関することを確認したり、連絡をとったりしてしまいがちです。
悪意のない動機から、スマートフォンやタブレットなどの私物のモバイルデバイス端末を社内のシステムに接続してしまい、業務にかかわるデータダウンロードするというケースが増えています。
こうしたケースに対して、特に社内で規定を設けずにbyodを黙認している企業ももちろんあります。しかしこれはセキュリティ上問題があるのでおすすめできません。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/03/27/report-20190327/feed/ 0
円滑な管理が可能なmdm http://www.mymobiledash.com/2019/03/17/report-20190317/ http://www.mymobiledash.com/2019/03/17/report-20190317/#comments Sat, 16 Mar 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/03/17/report-20190317/ mdmはmobile device managementの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理するための管理ツールになります。会社などの組織でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、管理者の負担はモバイルデバイス端末の管理する数によって比例していきます。大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、初期設定を全て管理者が行わなければならずその負担は相当なものです。
また初期導入後も、管理対象が多いと管理者にとっては全てのモバイルデバイス端末を把握することは困難になるでしょう。そこでmdmツールを導入することで、モバイルデバイス端末の管理をスムーズに行うようにし、円滑にそして効率よく業務でモバイルデバイス端末を使用していくようにするのです。mdmは様々な製品、サービスが各社から提供されており、それぞれのmdmツールによって特徴や機能、利用料は異なります。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/03/17/report-20190317/feed/ 0
MDMやVPPを活用してモバイルデバイス端末を管理しよう http://www.mymobiledash.com/2019/03/07/report-20190307/ http://www.mymobiledash.com/2019/03/07/report-20190307/#comments Wed, 06 Mar 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/03/07/report-20190307/ スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は携帯性に優れており、業務の効率アップには欠かせないツールとなっています。
便利な反面、きちんとした管理をしておかなければ、情報流出などのリスクも伴っているため、企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する際にはMDMなどの管理ツールを利用して管理をするべきです。
またMDMの他、VPPなどの便利なプログラムもあります。VPPではApple社が提供するプログラムであり、App Storeのアプリケーションを一括購入して、ユーザーのモバイルデバイス端末に配布することで企業や学校のユーザーが業務上で利用するアプリケーションを簡単に利用することができるのです。アプリケーションの配布や設定などは非常に面倒であり、管理者側が全てを負担するのは大変です。
そこでVPPを利用することで、効率的に大量のモバイルデバイス端末にアプリの配布が可能になります。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/03/07/report-20190307/feed/ 0
android端末管理が可能なmdm http://www.mymobiledash.com/2019/02/24/report-20190224/ http://www.mymobiledash.com/2019/02/24/report-20190224/#comments Sat, 23 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/02/24/report-20190224/ androidやiOSなどマルチデバイス端末を管理できるmdmソリューションは非常に人気があります。
企業ではandroidやiOSやWindowsなどマルチデバイス端末を導入する機会が多いため、マルチデバイスに対応した端末管理ツールでの一元管理が効率よく行います。
mdmソリューションの多くは、androidやiOSなどマルチデバイス端末管理に対応していますが、導入する際には対応できるデバイス端末について確認する必要があります。
android端末管理ツールは、スマートデバイス端末を活用したいけれど、業務以外の利用が不安な企業や組織には欠かせません。
android端末管理が可能なmdmを導入することで、サイトの閲覧を限定し、ビジネスにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する際に非常に便利になります。
管理者がアクセスを許可するWebサイトのURLを設定することも可能です。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/02/24/report-20190224/feed/ 0
byodの課題とメリット http://www.mymobiledash.com/2019/02/14/report-20190214/ http://www.mymobiledash.com/2019/02/14/report-20190214/#comments Wed, 13 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/02/14/report-20190214/ byodとはbring your own deviceの略であり、個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも活用することを言います。
企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、会社が支給したモバイルデバイス端末を利用するのが一般的でしたが、近年では様々なメリットを持つbyodを導入する企業も増えてきています。
byodのメリットとしては会社などの組織がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員に支給しなくてよいので初期導入費用のコストダウンにつながります。
また従業員側としても使い慣れたモバイルデバイス端末を業務で利用できるので操作性で不便を感じることがなく、効率よく業務に利用できるでしょう。しかしbyodにも課題はつきものです。一番大きな課題としてはセキュリティの問題です。プライベートと仕事用を同じ端末で利用することになるので、セキュリティ対策は徹底する必要があります。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/02/14/report-20190214/feed/ 0
mdmの導入意義とは? http://www.mymobiledash.com/2019/02/04/report-20190204/ http://www.mymobiledash.com/2019/02/04/report-20190204/#comments Sun, 03 Feb 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/02/04/report-20190204/ 企業が業務用にスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのIT機器を従業員へ配布するケースは非常に多く、特にスマートフォンやタブレットの配布を行う企業が急速に増えています。
IT管理者にはスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を適切に管理、運用することが求められています。モバイルデバイス端末配布時はもとより、配布後も企業が定めた運用ポリシーが守られているかをしっかりと監視し、運用ポリシーに変更を生じた時にはすぐにその内容を全てのモバイルデバイス端末機器に反映させなければなりません。
管理者だけでこの大量のモバイルデバイス端末の設定変更をするのは非常に困難です。そこで活躍するのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末ツールのことであり、円滑に大量のモバイルデバイス端末を管理するためには必要不可欠で。
mdmでは遠隔操作によってモバイル機器を管理することができ、セキュリティ対策はもちろんですが、資産管理やアプリケーション配布にもmdmは用いられます。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/02/04/report-20190204/feed/ 0
モバイル端末管理の一般的な機能とは? http://www.mymobiledash.com/2019/01/22/report-20190122/ http://www.mymobiledash.com/2019/01/22/report-20190122/#comments Mon, 21 Jan 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/01/22/report-20190122/ スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はデスクトップパソコンや社内の固定電話とは異なり、持ち運ぶための端末ツールになります。
さらに持ち運んで、いつでもどこでも運用ができる非常に便利なアイテムと言えます。便利な反面、従業員がどこで何のためにモバイルデバイス端末を使用しているのかがわからなくなることはよくあります。
そのような問題を回避してくれるのがモバイル端末管理ツールであるmdmです。
1つ1つのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の情報を管理しないまま、それらのモバイルデバイス端末が運用されてしまうと、総務担当者の負担は非常に大きくなります。
そこで散在するモバイルデバイス端末の把握機能が付いているmdmを導入することで、社内に散在するモバイルデバイス端末をより簡単に管理することができるでしょう。この機能を使うモバイルデバイス端末管理者は30%以上にも及んでおり、一般的な管理機能と言えるでしょう。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/01/22/report-20190122/feed/ 0
byodを実現するためのmdmソリューションの利用 http://www.mymobiledash.com/2019/01/12/report-20190112/ http://www.mymobiledash.com/2019/01/12/report-20190112/#comments Fri, 11 Jan 2019 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/mymobiledashcom/2019/01/12/report-20190112/ byodを導入する企業にとって、円滑にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で活用するためには、モバイルデバイス端末の一元管理が重要になります。
そこで必須となってくるのがmdmソリューションの導入です。セキュリティ対策としてmdmソリューションの導入は重要な問題であり、mdm導入により効率よい業務を行うことができるでしょう。
企業の生産性と従業員の満足度が高まるbyodを実現するためには、まずはモバイルデバイス端末の利用用途を決定する必要があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をどのような業務に利用していくのか、その用途を決定してからmdmソリューションの選定をするようにしましょう。
用途が決まれば守るべき情報の範囲を決定していきます。決定した利用用途の中で、保護しなければいけない情報範囲を決定していきます。どの範囲まで利用を制限するのか、情報を保護するのかというのは企業の考えによって異なります。

]]>
http://www.mymobiledash.com/2019/01/12/report-20190112/feed/ 0