mdmの製品比較

Posted on 木曜日, 12月 20, 2018 in 未分類

スマートフォンやタブレットを企業の業務で使用する場合、企業としてはそれらのモバイルデバイス端末を管理することが重要となってきています。そこで登場するのがmdmの存在です。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールであり、mdmを使用することで大量のモバイルデバイス端末を一括管理でき、セキュリティ対策や資産管理を行うことが可能です。
mdmソリューションによってスマートフォンやタブレットなどの紛失、盗難時のセキュリティ対策を運用代行できるというわけです。
例えば店舗端末のアプリケーション管理をする企業でモバイルデバイス導入している事例があります。店舗での製品紹介向けにタブレットを導入している場合、mdmを使用することで、アプリケーションの展開やバージョンアップが容易に行うことができます。mdm製品はたくさんあるので、各製品の比較も重要になってきます。
またWi-Fiのアクセスポイント単位での通信可否が制御可能になっています。

byod事例を成功させるためには?!

Posted on 月曜日, 12月 10, 2018 in 未分類

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入して、業務で活用することで、働き方改革につながります。
このスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、個人が所有しているモバイルデバイス端末を業務で利用するbyod=bring your own deviceに現在注目が集まっています。
byodを導入する企業事例は増えており、いつでもどこからでも個人が使い慣れているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用することで、業務効率の向上、迅速化につながります。
その一方、byodを導入することで、情報漏えいやウイルス感染などモバイルデバイス端末を導入することで起こる危険性も潜んでいます。byodを導入する場合、byodのビジネス利用からリスク管理、具体的な導入方法を学ぶ必要があるでしょう。導入前に注意点を考慮しておくことで、byod導入がスムーズになります。

mdmとは企業にとって欠かせない管理ツール

Posted on 金曜日, 11月 30, 2018 in 未分類

スマートフォンやタブレットを会社で導入する場合、それらのモバイルデバイス端末を効率よく業務に活用するためにいくつかの問題をクリアする必要があります。
まず紛失、盗難リスクの高いモバイルデバイス端末には、会社の機密情報や個人情報が保存されているので、外部にそれらのデータが流出しないようにしっかりとしたセキュリティ対策を考えなければなりません。
また業務で使用中に、スマホやタブレットなどで業務以外の使用を防ぐために、利用制限を設定することも可能です。手間とリスクを解決するためのツールとなるのがmdmです。mdmとはmobile device managementの略であり、デバイスを管理するために初期設定を行い、大量のモバイルデバイス端末を一括管理することができます。そうするとデバイス端末を全て管理できるようになり、管理下においたデバイスを管理パネルで随時確認することができるようになるのです。

スマートフォンの遠隔監視やデバイス制御によるセキュリティ対策

Posted on 火曜日, 11月 20, 2018 in 未分類

スマートフォンなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策のツールとして欠かせないのがmdmソリューションです。
端末の盗難・紛失時のセキュリティ対策としてmdmを導入する企業は多いです。mdmツールのセキュリティ対策の機能の1つとしてデバイス制御があります。
デバイス制御にはカメラ、スクリーンショット、Bluetooth、外部メモリ、無線LAN、USB、赤外線通信、ワンセグ、UIMカードメモリ、発信先制限など様々なスマートフォン、タブレットのデバイス制御機能があります。
またmdmツールには遠隔監視操作もあります。遠隔監視ではモバイルデバイス端末状態の情報取得や死活監視、ログ収集、位置情報取得、アラートメー送信、レポート出力などの機能があります。
端末状態の情報取得では起動確認、起動中のアプリ、コンプライアンス違反状態などの端末側情報の取得とアップロードOS、インストール済みアプリケーションのバージョン管理などがあります。

byod事例を実現するためには?

Posted on 土曜日, 11月 10, 2018 in 未分類

byodは日本企業においても導入が進んでいます。byodは従業員が私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することです。
企業の生産性と従業員の満足度を両立するbyodを実現するためには、モバイルデバイス端末の利用用途を決定する必要があります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を、どのように業務で利用するのかをまずは明確にすることが重要です。
さらにその次に決定した利用用途の中で、保護する情報の範囲を決定します。
守るべき情報の範囲を決定することで、安全にそして効率的にモバイルデバイス端末を利用することができます。さらに保護対象の情報とそれを利用する私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をどのような方針でうんようするのか?を決定する必要があります。さらにbyodを導入した社内での展開方法を決定していきます。そうすることで安全にbyodを導入できます。

byodを安全に使うためのmdmソリューションの重要性

Posted on 日曜日, 9月 30, 2018 in 未分類

企業で導入が進みつつあるbyod。byodとはbring your own deviceのことであり、個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することを言います。
byodは従業員に支給するモバイルデバイス端末のコスト削減にもつながりますし、従業員側としては複数台のモバイルデバイス端末を所持しなくてよいので非常に大きなメリットになります。また使い慣れた機種で業務をすることができるので業務効率もアップするでしょう。byodを導入している企業であれば従業員も堂々と自分のモバイルデバイス端末を使用することができますが、byodを禁止している企業が多い現状もあります。
byodを禁止している企業においても、従業員の中には隠れて個人の所有するモバイルデバイス端末を使用している場合があり、これは非常に危険な行為と言えます。
モバイルデバイス端末を安全に業務で活用するためには、byodを導入する際にはしっかりとmdmソリューションで一括管理をする必要があるのです。

mdm導入事例から分かること

Posted on 木曜日, 9月 20, 2018 in 未分類

現場に出ること多い社員、営業マンなどは小型・高機能型のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は利便性が良く、最適な業務アイテムになります。社内に帰らなくてもいつでもどこでも空いた時間にメールチェックや業務を行うことができるので確実に業務効率はアップするでしょう。しかしその反面、携帯性に優れているスマートフォンやタブレット端末は盗難、紛失、悪用などのリスクが高いのも事実です。それらのリスク対策としてモバイルデバイス端末の管理は必須と言えるでしょう。
企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入している導入事例の会社においては、大半の企業でmdmツールを利用したモバイルデバイス端末管理を行っています。スマートフォンやタブレットを利用すると、リモートアクセスで扱える情報量が急激に増えます。情報量が増えるということは、盗難、紛失時に情報が流出してしまう危険性が高まるということです。
しかしやりとり可能なデータを制限してしまうと、利便性も下がってしまいます。セキュリティ強化をしつつ、利便性を確保することがモバイルデバイス端末を利用する上で重要になってきます。

mdm選定比較のポイント

Posted on 月曜日, 9月 10, 2018 in 未分類

モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは、それぞれのmdm製品で比較してみると、基本的な機能は同じであるものの、マルチプラットフォームであるのか?セキュリティ対策はどうなっているのか?mcm機能やmam機能はあるのか?byodに対応しているのか?などそれぞれmdm製品によって、利用できる機能にも違いがあります。
最適なモバイルデバイス端末管理ツールであるmdm製品を導入したいのであれば、mdm製品の比較は非常に重要です。
主要ベンダーの比較をすることで、選定のポイントとなるでしょう。
mdm市場は拡大しつつあるものの、すでに飽和状態であるという見方もできます。絶えず新しいベンダーが参入し続けていますが、mdm製品を比較する時には、きちんと更新してくれるのか?androidやiPhoneなどのマルチプラットフォームに対応しているのか?EMM機能はあるのか?などは比較、確認しておきたいポイントと言えるでしょう。

モバイルデバイス端末に欠かせないリモートワイプ機能

Posted on 木曜日, 8月 30, 2018 in 未分類

リモートワイプ機能とはパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末内にあるデータを離れた場所から遠隔操作して(リモート)して、消去(ワイプ)する機能になります。
消去されたデータはモバイルデバイス上で復元することはできません。情報漏えいを未然に防ぐ目的でこのリモートワイプ機能を利用するケースが多いです。
リモートワイプ機能があることで、スマートフォンやタブレットに入っているたくさんの個人情報や機密情報を守ることができます。特にスマートフォンやタブレットは携帯性に優れているため、外出時に持ち歩くのが一般的です。携帯しているとどうしても紛失してしまうリスクが高くなるのですが、リモートワイプ機能があるので情報漏洩対策、セキュリティ対策としてぴったりでしょう。スマホやタブレットにはパソコンと同じように大切なデータがたくさん入っていますので、きちんとした管理が必要になってくるでしょう。

モバイルデバイス端末導入例の増加に伴うmdm市場の拡大

Posted on 月曜日, 8月 20, 2018 in 未分類

企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入率が増える一方、それらのモバイルデバイス端末を一括管理する管理ソリューションであるmdmの市場も大きくなっています。
mdmの世界市場に置ける地域シェアは北米地域が最大の市場となっています。その次が欧州地域です。さらに今後はアジア大洋地域におけるmdmの市場が広がると言われています。
mdmは企業でモバイルデバイス端末を導入する上では絶対に欠かせません。mdmソリューションがなければ円滑に管理することができませんし、不正利用などによってモバイルデバイス端末を導入した事によって逆に業務に支障をきたすこともあるのです。今やスマートフォンやタブレットを導入する際には、初期設定と同時にmdmを導入する企業が大半です。モバイルデバイス端末導入にはmdmは欠かせないという位置関係が出来つつあるのです。世界のモバイルデバイス端末管理市場の規模はさらに拡大するでしょう。

My music selection makes last.fm look good

You can't see my music, but that doesn't mean it's not there.

Recent comments

WordPress Theme designed by Chris Wallace.

Valid XHTML 1.0 Strict